「OFF」

images

 

心は、体の3メートル先にあって、追いつかない

 

体が「今」なのか

心が「今」なのか・・・

 

きっとどちらも本当の「今」

 

選択肢は二つ。

無理しないで頑張るか

少しゆっくりする努力をするか

 

今なら

少しゆっくりする「努力」をしてみる

 

一生懸命なのは、とてもいいこと。

 

でも、執着しない生き方を選んで、人間らしくなってきたら

人間らしく、体は疲れる

 

身体からのSOS

 

聞こえない振りをしているのは簡単で

その聞こえない・聞かない振りが過去の生き方

 

頑張ることは、わたしにとったら「無理」をすること

 

だって

「頑張って」と言われて

腹をずっと立てていたのだもん・・・・

 

「わたしは、頑張ってるよ・・・」と。

「そう見えないの?」・・・

 

だから必死で、誰かに言われたからと、頑張る

怒っていても、堪えて、隠して、蓋をして頑張る

誰の人生を生きてきたかな?

 

誰の為に怒って頑張ってきたのだろう・・・

自分の為だったら、きっとこんなに怒って頑張らなかった。

 

「少しゆっくりする努力」は、努力しないと出来ないもの。

たくさんの言い訳。

 

忙しい・時間が無い・空いている日が無い。

 

アディクションを使うときの「言い訳」と一緒だった。

 

誰かに「認められたい」から、憎んで、怒って頑張っても

認めてもらえないから恨む。

 

「頑張れって言ったでしょ?だから頑張ってきて・・・

・・・・でも、本当は、疲れていたんだよね。」

 

生きていることで、何が大切だろう?

 

美味しくご飯が食べれること

暖かい布団でゆっくり眠れること

毎日お風呂に入れること

 

安全なものは、準備されていても、わざわざ自ら「言い訳」をして

追い込んで・・・怒ってる。

 

怒っていれば

こんなご飯食べたくない

眠る時間は勿体無い

お風呂に入るのは面倒くさい

 

感謝さえ、出来なくなる。

 

 

当たり前が、当たり前に出来ないのが、わたしなんだ。

その

当たり前に

「当たり前ってなに?」と、反発するのもわたし自身。

 

身体のSOS。

 

疲れたら、休むように、神様は私たちを作った。

 

休む努力。

自分の体の声を聞く姿勢・意識。

 

自分を大切にしていく、自分の人生を生きる一歩。

 

頑張るは、決して悪い言葉ではないけれど

まずは、その「頑張って」の言葉を素直に受け入れられるように

「少しゆっくりする努力」も必要。

 

フラワーガーデン

「諦めず」

ダウンロード

自分が生まれてきたことに

違和感と疑問があり

目的も希望も目標も無く

ただ、目の前の時間を

「早く今日が終わればいい」

「早く明日になればいい」

と、一日一日を過ごしていく

 

その一日の使い方は

「身になる」ものでも

「学び」でもなく

ただただ、時間を「手放す」

 

「どうせ、人生はこの程度」

「どうせ、人はいつか死んでしまう」

 

諦めと開き直りが止められなくて

・・・こんな自分に何が出来るのだろうと、自分の人生よりも

自分自身に希望が無かった

 

平等に24時間が与えられているのに

 

とても長く、ゆっくりで

お昼をまわれば

「早く夜にならないかな」

と、明日への焦り

「明日も同じことを考えるんだろうな」

と、諦めと繋がる

 

 

分からない。

 

明日、死んでしまうかもしれないのに

明日、同じことを考えるかな?

 

今日が最後だったら、一番したいことはなんだろう?

 

 

明日、最後だったら、今日のように諦めと開き直りで過ごすのかな?

 

最後に、そんな風に考えるしかない自分が一番悲しいなと思った。

 

今日は、24時間。

 

限られている時間。

けれど、平等に与えられている。

 

凄いなと、思う尊敬する人たちにも、大好きと思う人たちにも、大切な人たちにも、自分にも、平等。

 

同じ人間ならば、自分にも諦めじゃない、開き直りじゃない

人生の時間の使い方があると思う。

 

誰かと誰かが愛し合って生まれてきた、自分の命。

愛されていないと感じていたとしても、愛から生まれた命に変わりはない。

 

諦めを、やる気に変えて

開き直りを、正直さに変えて

 

限られた時間とわかっているのに、同じ人間とわかっているのに

生きていくことに「遠慮」と「我慢」なんてしていられない。

 

苦手な人も、嫌いな人も、憎んでいる人がいたって、別に構わない。

自分が「愛」から生まれてきたなら、自分自身に「愛」を持てるはず。

 

自分の人生・時間。

大切に出来始めたら

無駄に使った時間は無いなと、諦めていた、開き直っていた自分を「許せる」

いつの日か、苦手な人も、嫌いな人も、憎んでいる人も

「きっと必要だったんだな」と、許して愛せる日が来るはず。

 

フラワーガーデン

「感謝の繋がり」

business

 

当たり前に誰かが「わたしの事を、色々と、してくれる」と

「感謝」することも無くなってしまい

 

最後には、本当に「一人」の殻に閉じこもってしまって

「ありがとう」など、何年も思っていなかったし

言ってもいませんでした。

 

 

当たり前の事など、実は一個も無くて

全部は「思いやり」だったり「愛情」。

 

でも、歪んで受け取ることしか出来なくて

「それぐらい、当たり前」と、口に出さず

 

態度には「感謝」も「ありがとう」の一文字も表さず

何も言わずの行動で、満たされないのは「当たり前」だったなと思います。

 

寂しい、悲しい、怒りの感情を出さなくなった結果は

「孤独」と「歪んだ当たり前」。

 

けれど、自分が絶望だな・・・とやっと感じた時に

痛い程に、胸に刺さるのは

「思いやり」と、「愛情」。

 

今まで、生きて来た中で

例え、どんな状態・状況でも命を落とさずに生きてこれたのは、感謝の他に何があるのだろう。

 

その感謝の中には、どれだけの人の「支え」と「思いやり」と「愛情」があったのだろう。

 

考えた事など、一度も無かったです。

 

「受け取る」事の練習も、とても必要でした。

 

プライドと、恥の壁が厚くて

「自分で、一人で生きて来た」という、傲慢さが邪魔しました。

それでは、感謝にも気づけず

愛情など感じれず

 

寂しい気持ちの涙

悲しい気持ちの涙

悔しい気持ちの涙

流すことが出来なくて、孤独は変わらず、癒しの涙にも辿り着けませんでした。

 

邪魔だな・・・と思えた時が、「歪んだ当たり前」を削除していく瞬間。

長い間・・・「自分はどれだけ苦しんでいたのだろう」

 

吐く言葉は、汚くても、流す涙は「綺麗な真実」でした。

 

「ありがとう」と言える自分は大好きです。

「当たり前でしょ」と思って何も言わない自分は、ザワザワして気持ち悪い。

 

誰かと繋がる大切な言葉

「ありがとう」は

自分のことも好きになる言葉だったりします。

 

言える自分ってどんな人だろう?

言えなくてイライラしている自分って何だろう?

 

態度に出す自分のことは、好き?

 

変えて行ける部分ってどこだろう?

変えて行きたいところはどこだろう?

 

逆に「ありがとう」と言われて

自分は受け取れているかな?

 

言われて「当たり前」と

思ったりしていないかな?

 

自分を見つめるいい言葉にもなったりします。

 

自然体で言い合える関係。

心から、欲しかった「思いやり」と「愛情」を

与えて・受け取ることが、人生を変化させてくれるのかなと思います。

 

フラワーガーデン

「満ち溢れた人生」

lgf01a201402192300

 

 

人生に逃げ道を作って生きてきた

 

その逃げ道は、かなりの割合で辿り着いて

 

逃げ道と言うよりは

もぅ知っている道

 

わたしの過去の生き方

 

立ち向かう勇気よりも、傷付くことはなく、痛みもない

 

楽かな?とも思うけれど

 

心の奥底には

やらなかった後悔

言えなかった後悔

 

あのとき、あんな風にしておけばよかった。

 

もぅ時間は戻らないのに

何回も後悔するのに

 

逃げ道を繰り返し選択する

 

人生後悔だらけで

生きているエネルギーが

いつもいつも不完全燃焼

 

そのエネルギーを負の方向に持っていけば

 

どん底になっても

後悔を繰り返すことは出来る。

 

 

逃げない選択

 

どちらを取るのかは自由

どちらの道を行くのも自由

 

どちらを取ってもいい

 

自分の人生に

 

後悔

と、言う二文字が浮かばないならば、選ぶのは自分

 

 

そして

 

助けを求めるのも、自分

 

助けを求めることが

カッコ悪いとか

ダサいなと思うこともあるけれど

 

一人で、もがいて

苦しんで泣いている自分よりも

 

人の中で

怒って

泣いて

ぶつかって

・・・それでも、助かりたいと

這いつくばり、立ち上がるとき

 

やってよかったと

心から思えるはず。

 

 

人生に

逃げ道も

保険をかけることも

予備も

 

そんな計画はなくて

 

ただ、人生には

決められたタイムリミットがあるからこそ

 

 

後悔しない、生き方

後悔しない、人との関係

 

言いたいこと

伝えたいこと

 

人と違うからこそ

恐くなるけれど

 

不完全燃焼よりも

エネルギーに満ちた

 

わたしの人生の道。

 

 

フラワーガーデン

「有効活用」

ll

感じられるようになった

エネルギーを

どんなフィーリングに変えていくかで

その日一日の

その瞬間の

その時の

人生の方向が変わっていく

 

受けとる言葉も

フィーリング次第で

捉え方も意味も変わる

 

完治はないけれど

回復はし続けられる

 

回復のプログラムは

使い続けていくことと

更新していくことで

成長し続ける

 

誰かの希望になることよりも

わたしが人生に希望を持ち

 

人間らしく生きていくことが

一番自由

 

怒ること

ふて腐れること

泣くこと

悔しがること

 

全て自分のことなのだから

それに蓋をすることはない

 

間違いを真顔で淡々と正すよりも

投げ出しそうになりながら

カッコ悪くボロボロで立ち上がったときのほうが

 

自分を更新出来ている

 

根っこのエネルギーが

何だっていい。

 

それが負であっても

今じゃない。

 

けど、プラスに生かすために忘れてはならないのは

感謝すること。

 

こう思えるようになったことも

一人じゃなかったから。

仲間がいたから。支えてもらえたから。

家族に愛されているから。

 

どんな根元を使うにしても

プラスにするなら、感謝と愛を忘れない。

 

愛と感謝が重なり

新しく沸き起こるものは

 

今まで縁の薄かった

けれどとても欲しかったもの。

 

わたしにはなれないだろうと

諦めていたからこそ

 

忘れない。

 

ありがとう&愛してるの気持ち。

 

フラワーガーデン

「プラス5のステージ」

beh

新しい自分を認め

 

そして、まだ出会えていなかった自分に出会えた

 

自分自身では気づいていたけれど

自身の中心に眠らせていた

会いたかった自分。

 

欲張りで貪欲で好奇心があって

ワクワクとドキドキして

 

ずーーーーーっと

わたし自身が受け入れられるときを

待っててくれた

わたしの真ん中。

 

新しい自分になることが

次の本来の姿を受け入れる土台。

 

恐れていたのは

拒否される

嫌われる

バカにされる

一人になる

 

けど、それは全部わたしの妄想。

 

綺麗事で飾られているうちは

何も変わらない。

 

人は汚い

嘘をつく

薄っぺらい

騙す

 

それは、人に向けられている間も

何も変わらない。

 

病の部分で出てくる言葉は

全部、自分に向けられている言葉。

 

その言葉は、充分に自分にかけ続けただろう。

 

そして、どうだったかな?

 

恨みになった

憎しみになった

孤独になった

 

もぅいいだろう。

 

抱え込むのではなくて

内側から外へと。

 

それが、新しい自分。

 

内側の空白が、なんだか馴染みなく、モヤモヤしていたけれど

 

感じることを辞めない。

 

続けることで、少しずつ見えてきた

 

本来の自分。

真ん中の自分。

 

タイミングがある。

準備がある。

 

準備は、既に出来ていて

それは、少し前から神様が計画してくれていたこと。

 

周りを見渡せば

助けてくれる仲間たち。

 

だから、どんな新しい自分でも

そして、まだ出会えていなかった自分を出し初めても

 

わたし自身が拒否しなければ

誰にも拒否されることはない。

 

今までだって

わたし自身が拒否しても

周りは、わたしを拒否はしていなかった。

 

癒しの次のステージへ。

 

フラワーガーデン

「決める力=自由」

cbfbaa708738f2000c5ae8f980fb2599_t

 

自分のことを自分で決める

 

それすらも、したくない

出来ない

 

ではなくて

 

わたしが決めていいのかな?

と、自信が無かったのだと気付きました。

 

何故、自分の生きる道なのに

自分の人生のストーリーなのに

自分の旅なのに

 

決めていいのかな?と思ってしまうのは

 

わたしの人生は、くだらなくて

情けなくて

負けていて、何の価値もないと思っていたから。

 

刺激を求めて作り出したのは

何かに執着することからの

刺激

 

それは、幻想だったし

偽りだった、飾っている自分

 

生きている振りをしているだけの、自分。

 

心は固まって

頭の中は、逃げることだけでいっぱい

 

言葉はきれい事か

恨みや、憎しみ

 

本当のわたしを生きたくない過去だった。

 

見ないようにして

感じないようにして

 

守って守って

なんとか生きて

 

朝起きるのが、本当に嫌な毎日でした。

 

明日の朝の、いなくなっていればいいのに・・・

 

と、お願いしても

 

目は覚めて

一日を絶望からスタートさせる。

 

長くてゆっくりで

飽き飽きして。

 

困難も窮地も

感じない

無かったように振る舞って

逃げる選択をとりつづけた。

 

そんな自分

こんな自分

どうでもいい自分

 

生き方って

選べるんだよ

自分でそれは選択出来るんだよ

 

ただ、たくさん練習が必要

苦しく痛い思いもする

 

けど、逃げる以外に

選択があるとしたら

 

戦う?

挑む?

 

・・・迎え入れる。

 

そして、身を漂わせる。

 

逃げなくていい。

しかも、一人で逃げなくて大丈夫。

 

みんなで、一緒に

わたしの困難も窮地も

迎え入れ、一緒にいる。

 

どんなに氷っている

くらい過去でも

 

大丈夫になる魔法のようなもの。

 

それは

人の愛情。

温かさ。

一人一人の勇気。

 

そして、自分が自分で生きていきたいと願う強い気持ち。

 

変われることが出来るから

絶望だった朝が楽しみに起きることが出来る。

 

24時間を

どんな風に生きるか。

 

それは、わたしが決めていける

わたしだけの一日。

わたしの人生の一日。

 

フラワーガーデン

「そのもの」

publicdomainq-0009513ijd

 

 

 

人と出会い

人と繋がるために

 

自分と出会い

自分と繋がる

 

一人で出会っていた自分

泣いていて、諦めていて

 

孤独で

嫌味で

誰のことも

自分のことも信じれなくて

 

寂しくて

 

 

そんな自分が人の中にいて

 

恐くて、強がりで

泣けなくて

 

笑えなくて

口に出せなくて

 

我慢してて

嘘をついてて

 

・・・そんなんで

誰と繋がれた?

 

繋がれたのは、お酒だったし

お薬だったし、何かに執着すること

 

でも、それは一瞬だったし

 

そこから直結して、感じていたのは

寂しさと、恐さ。

 

その直結している部分を

何回もうやむやにしてしまおうと

たくさん自分を傷つけて

 

人の事も傷つけてしまって

罪悪感さえも

うやむやにしてしまおうと

何かに執着していた

 

 

口から出る言葉は

ブラックな言葉や

ネガティブな言葉

 

けど、今ならね

「そんなに、黒い自分を口に出してまで演じなくていいのに」

と、過去の自分を愛せる

 

「寂しかったの。知っているし、受け止めるよ。」

 

わざと、黒い自分を演じてまで

人を遠ざけようとするほど

恐くて、寂しくて、孤独で

自分を守っていた

 

本当は、愛されたいし

愛したいし

 

人と

自分と

繋がりたい

 

人の中

仲間の中に居れば

 

本当の自分と繋がれる

そして、人と繋がれる

 

無駄な出会いは一個もなくて

絶対に何かに繋がる出会い

 

自分は、黒くなくていい

 

楽しみたいし

喜びたいし

笑いたいし

 

幸せになりたいし

 

魂の部分で

そう感じていたなら

きっと絶対に変われる

 

神様が創造してくださった

わたしだもの

 

 

フラワーガーデン

「全力」

hasiru

傷はずーっと開いているのに

空気に触れないから

 

痛い

痛いままで

 

本当に痛すぎると

 

笑うことも嘘っぽくて

優しくすることも嘘っぽくて

 

優しくされることも憎くて

笑いかけられると恨む

 

わたしは、寂しかった

 

この中で

わたしだけ、違うと感じて

 

痛いことを言ったら心配されるのも嫌で

 

心配さえ、してくれないだろうとも思っていた

 

こんな

こんな

こんなわたしを心配する人なんていないだろうと思っていた

 

 

だから

わざわざ

相手の嫌な部分を探して

毎日毎日、心で

嫌い

もぅいい

めんどくさい

やりたくない

 

呪文みたいに繰り返して

 

好きにならないようにしていた

 

傷があることは知っていたけど

傷がある自分も好きにならないようにしていた

 

開いているのに

外気に触れたら

 

止められないのも知っているし

 

止めてくれるのは、わたし自身

 

必死に、痛みをコントロール

 

過去は変えられないから

後悔して

 

お酒、薬

 

使えなくなったら

 

痛みを感じないように

堪える

 

堪えきれないのに

必死に堪える

 

痛みを我慢していれば

わたしは、泣かなくなる

笑わなくなる

 

 

 

・・・怒らなくなる

 

 

心配されたいのではない

止めて欲しいわけではない

 

 

ただ、恐いし

恥ずかしいし

 

情けない

だから

わたしは、周りの人達と繋がれないと思っていた

 

 

けど

わたしが怒っていた

 

本当の本当に傷ついて

痛いって言っている

 

わたしが傷ついている

 

 

だから

 

そんなわたしが本当にして欲しいなと心から出たのは

 

 

助けて

 

どんな、わたしでも

受け止めてと

信じた

 

悲しさ、淋しさ、悔しさ、後悔、不満、不信、恥ずかしさ、恨み、不安、嫌悪感

 

全部、全部

これだ!

と、感じて

 

どうにでもなれ!と

傷を空気に触れさせた

 

 

どうにでもなれ!は

開き直り

 

開き直りは

・・・とても素直

 

行動のその先に

 

変化した、わたしの感覚は

 

 

体が温かくなること

胸が苦しくないこと

 

しっかりと目を見て話せること

声が小さくならないこと

 

 

傷のある、わたしを

すごく好きと思えた

 

 

それぞれに

傷があるけれど

 

きっとみんな乗り越えて

一緒にいれるから

 

どんなわたしでも

受け止めてくれると信じれた

 

 

だから、わたしも

どんなわたしでも

いいんだって安心した

 

そして、わたしも

大切な人達が傷ついていたら

 

全力で

受け止めていこう

 

 

フラワーガーデン

 

「自由の意味」

publicdomainq-0000930xbv

自分の、やりたいことも

自分の、好きなことも

 

自分の、行きたい場所も

自分の、時間も

 

全部、決めて良いのは自分なのに

 

いざ

「好きにしていいんだよ」

「やりたいこと、やってもいいんだよ」

 

と、言われると

 

目の前の「自由」の中に

 

不安と恐れの文字に

心は支配されて

 

「きっと、時間がないから出来ない」

「めんどくさいし、疲れるから、やらない」

「今のままでも自由だから、大丈夫」

 

と、何かしら生活のせいにして

「やらない理由」を話す。

 

その時、もう一人のわたしの心は

諦めと、妥協。

 

「やっぱり、わたしはダメな奴だな」と、頭の中で聞こえる。

 

・・・決めて来なかったからな。

今までは、誰かに「これをやってみて」と、言われた通りにしてきたから。

 

誰かに何かを決めてもらえれば

 

責任もとらなくていいし

嫌だったら、当たればよかった。

 

けど、薬や依存行為は

自分でやろうと思ってやっていた。

 

だから、その責任は自分が取っていくんだと、わかった。

 

その責任をとりながらも

楽しく、面白く

生き生きと生活していくには

 

アディクションじゃない

・・・自分でやりたかったこと。

自分が、好きなこと。

好きだったこと。

 

行ってみたい場所。

 

好きに使える時間。

 

アディクションを使わないで生きるには、回復の中に

 

楽しみや、喜びが必ず必要で

 

自分から歩いて、安全な場所を増やしていく。

 

それが

自分に刺激を与えてくれたり

新しい自分に出会えたり。

 

好きなこと

やりたかったことをしているときの

自分のこと、大好きだと思えました。

 

もっと、もっと、好きになっていきたいと思いました。

 

「自由」の捉え方。

 

わたしの「自由」は

わたしを大切にしていく時間でした。

 

フラワーガーデン