「地に着けて」

1642869-400x270-MM-100

 

遠くの山を見つめて

 

越えたらきっと見えるのだろうな・・・と嘆く。

 

ずっと、その山の先を見つめている。

 

でも越えられないだろうなと、諦めて

風景画を頭に描いたり、達成感を妄想だけで終わって

 

どんどんその山は高いだけの山になっていく。

 

写真を撮ったり、絵を描いたり・・・

イメージは膨らむけれど、自分は動かない・・・。

 

新しいトレッキングシューズだと、なかなか山頂までは辛くて

キャンプも一人では寂しいから

 

靴を履き慣らすまで、ゆっくり、じっくりイメージを整えて

 

「さあ、登ってみよう」と、思うころには

地に着く足もしっかりしていて、靴も体の一部になって

声援はたくさんあって。

 

何も、妄想で不安になることもないし

別に不安になっていてもOK

 

思っているよりも、その山は実際そんなに高くなかったり

割と楽に越えられてしまったり

 

逆に、険しい山道でも

 

登るスピードよりも、転がり落ちるスピードの方が速いのは

とっくに知ったことだから

 

大丈夫。

ちゃんと足を地に着けて。

 

フラワーガーデン 春