「voice」

128116

悲しくて泣くことでの涙
悔しくて泣くことでの涙

たくさん流した涙でも
自然と流れる涙が
本当の癒しの涙

幼い自分のことを思い出し 10代、20代のことを思い出し

蘇る自分の姿は
教室で一人
家族の中でも、一人

校庭では、友達は遠く
家の中でも一人でご飯を食べて

その時の感情を感じると
流れそうになるのは
苦しく悲しく寂しい涙

絶対泣かないと、思い出し感じながらも
その感覚を否定しようとする、今


優しい声をが聞こえる
傷付いている幼い心に
染み渡るように
赤く小さな火を灯すように
少しずつ少しずつ
暖かく広がり

絶対泣かない と、否定するのは
今なのか
幼いな心なのか

優しい声に耳を澄ませば

幼い自分の声が
内側で聞こえる

絶対泣かない
誰も守ってくれない

・・・でもさ 助けは求められたよ。きっと。

10代の自分の声が
内側で聞こえる

わたしは、みんなと何か違う

・・・それは、いけないことなのかな?

20代の自分の声が
内側で聞こえる

こんなはずじゃなかったのに

・・・本当はどうしたかったのだろうね?

「今」・・・きっと、全てが必要であると思え るなら、人生は必ず変わる。

そう感じたとき、無意識に
苦しくない悲しくない、寂しくない 涙が流れた。
呼吸は安定したままの 深い涙。

力を入れないで泣ける涙。
息を止める必要がない、思考から 心にやっと繋がって 一つの管になって 蛇口を少し捻ったように
溢れるというよりも
流れる涙。
我慢しないで泣くことの 字の如く 流れるまま。

目を覚ませば 不思議な昂りと
安心感。

地に足は付いている。
息は深くしていられる。
わたしの中にあった
癒されたかった
許されたかった
認められなかった
否定的な過去。

けれど

もう何をやってきたかよりも

幸せになることの方向を
地に足を付けて、呼吸をして
生きていく
未来へ。
自分に、ありがとう。

よく、生きてきてくれたね。
思い出す映像に
一人の自分はいるけれど
優しい声と共に

そのわたしの映像の主観から 周りを見渡す余裕が出来てきた。
見渡したら
クラスメイトも
家族も 仲間も結構、側にいたことが見えた。

固まって動かなかった 写真が
動く映像として
初めて、周りを見渡し

校庭でクラスメイトに本当は駆け寄ったとき

一人でご飯を食べていても
家族が帰ってきて 笑顔で出迎えたら、抱きしめてくれたとき

何も聞こえなかった無声ストーリーに
優しい声がメロディーになって

動き出した
音が帰ってきたよ
声が帰ってきたよ

聞きたくなかった
聞こえなくなってた

色んな音と声が
聞こえてきた

だから、ありがとう。

 

フラワーガーデン