「幸せを感じる」

ダウンロード

 

過去に、依存行為を繰り返し

キズつけてきた人がたくさんいるので

 

わたしは、幸せになれる人に値しないと蔑んでいました。

 

罪悪感と後悔の中で苦しくて

自分のことを許せなくて

 

周りには、嫌われているかもしれない不安から

 

わたしが幸せになったら

もっと、人に嫌われるんじゃないかと思ってしまい、幸せであってはいけないと、勝手に思い込んでいました。

 

幸せなはずの出来事も

後ろ向きにしか捉えることが出来ず

 

裏を読んでしまったり

素直に喜べなかったり

笑顔がひきつってしまったり

 

両手を広げて、幸せな出来事を受け止める力はありませんでした。

 

 

不幸じゃないけれど

幸せとも言えない。

曖昧な人生で、楽しむことすら

いけないような気がしていました。

 

自分には

魅力があるとも

能力があるとも、認められなくて

ただただ、自信がないだけ

 

こんな、わたしだから

こんな感じの生き方しか出来ない

 

と、諦めと妥協ばかりでした。

 

過去に生きてて

過去のわたしが

「まだ、だめだよ」と言ってるみたいで

 

手を離してくれず

今のわたしを心配し過ぎている感じでした。

 

 

けれど、この温かい場所にきて

温かい仲間と

笑顔と、キラキラしている日々の中で

 

過去の、わたしが

今のわたしの手を

なかなか離してくれない。

 

だんだんと不満になってきたとき

 

今の、わたしって、幸せなんじゃないかな?

 

その幸せを、感じていいんじゃないかな?

 

 

 

幸せを、感じる力が

ついてきた。

 

 

感じて、受け止めて、抱き締めて

未来に繋げる。

 

 

それが、ただ怖くて出来なかったのは、自分を許せなかったから。

 

キズつくのも、怖かったから。

 

助けを求める「力」

仲間を頼る「力」

自分を、許していく「力」

キズついても、癒される「力」

 

一つずつ「力」がついてきたときに

 

今の幸せを感じる「力」が

必ず、ついてくるのです。

 

そして、それを全部、自分のものにして、自分の魅力として

 

幸せと、思って生きていきたいのです。

 

フラワーガーデン