「一人じゃないよ」

ダウンロード

 

過去に生きるか

今を生きるか

未来を生きるか

 

選ぶことは、自由だと思います。

 

過去に、いじめられた経験があり

その苦しさが癒されていなければ

 

今を生きるのは、恐くて辛かったです。

 

過去に、失敗して、怒られた経験ばかりを思い出していれば

 

今に、何かを行動するのは、恐いです。

 

今を生きるのが、恐いと

未来に、明るいイメージが持てません。

 

今、行動が出来ないのは

未来を少し諦めているのかも。

 

 

過去、わたしをいじめた人たちは

今、わたしの目の前にはいません。

 

今の、わたしが出来るのは

いじめられて、傷ついた

恐かった、悔しかった

 

誰にも話せず、寂しかったことを

仲間に話すこと。

 

過去、失敗していても、新しい壁はやってきます。

 

今の、わたしが出来るのは

失敗と感じる気持ちの前に

一度は挑戦していた自分を褒めること。

 

 

仲間の中で

 

自分を傷つけてしまうこと

仲間を裏切ってしまうこと

 

自分は変われないと諦めそうになること

仲間を変えたくて仕方なくなってしまうこと

 

 

嫌いだったり

苦手だったり

 

遠ざけていたり

面倒になったり

 

・・・

家族の中で、社会で、学校で

作ってた笑顔や

 

感じないようにしていた心や

 

我慢していた涙も

 

 

 

ぜーんぶ出しきりましょう。

 

嫌いも

苦手も

恐いも

寂しいも

 

そして、感じきりましょう。

 

 

仲間は見守っててくれます。

暖かく、時には厳しく。

 

そして、そのベースは愛情。

 

ここに居れば

 

仲間の中で

 

自分を大切にすること。

仲間に感謝すること。

 

自分を愛すること。

仲間を愛すること。

 

わたしは、変われる。

周りの仲間が、変わっていっている。

 

 

「大丈夫」・・・と、言う言葉が

 

投げやりなものではなく

 

「わたしは、大丈夫なんだ」

と、仲間と一緒にいて、思えることが出来ました。

 

 

少し、関わることで、傷ついても大丈夫。

仲間に、助けを求められるから。

 

そして、その傷ついた気持ちを

素直に抱き締めてあげれる「力」は、ついてきます。

 

わたしたちは、一人じゃないから

「大丈夫」。

 

 

少しずつ、明るい未来を感じてきたら、「成長」した自分に気づくのかなと思います。

 

 

フラワーガーデン