「Happy」

lgf01a201310121800

 

良い記憶として残っているものよりも

 

嫌な記憶とか、悪い記憶で残っているもののほうが、断然多く感じ、似たような経験を、大人になってからすることになると

 

その、嫌な記憶が蘇って、不安になります。

 

「また、あんなに嫌な感覚にならなきゃいけないのかなぁ。」

 

などと考えて、胸が締め付けられるようになります。

 

けれども、昔の記憶は、塗り替えられるんだ!と言うのを知りました。

 

そして、それを実感しました。

 

わたし自身の、病気の部分に

家族の共依存の病気の部分が反応して、昔の思い出は、断片的に、嫌なものとして、頭にインプットされていました。

 

嘘をつき、隠し、やっていない振りをしてきたけど、いつも、生きていくことに、臆病。

 

良かったことも、成功や、自信にしていいのかもわからないぐらいに、自分って何だろう?

 

と、曖昧でした。

 

良い思い出を話しているとき、人は無意識に、微笑んでいるように思います。

 

辛い過去の話をしているときは、しかめっ面になり、険しく、また怒りや涙も出ます。

 

とてもシンプル。

 

自信がなかった。

認められなかった。

 

良い思い出は、たくさんあります。

 

悲惨で、波瀾万丈なストーリーはたくさん語られるけど、同じぐらいに、幸せなこと、楽しかったこと、うれしかったことはあります。

 

両方あるから、バランスが取れているのかと思います。

 

辛く悲しい時、幸せや楽しかったことを思い出して励みになる素晴らしさ。

 

希望や、夢を話す、叶えたいのなら、どんどんポジティブを言語化していきます。

 

 

これを言っても無理かな?

無駄かな?

 

言ってみないと、周りの人には分からない。

 

不安や恐れは、ネガティブだけど、まずは、それも言ってみないと、ポジティブには繋がらない。

 

不安・・・

それは、何が?それは、いま?

 

恐い・・・

それは、いつ?それは、ほんと?

 

仲間の問いかけから、自分の本当に発信したいことが引き出されると

 

不安・・・

だけれど、やってみたい。

 

恐い・・・

けれども、変わりたい。

 

 

否定的から、肯定的になるにも、一人では出来なかったこと。

 

 

言葉は言霊で

必ずしも、発信することで、背中を押してくれたり、決心から行動になったり、そして、人と繋がり、自分と繋がります。

 

 

幸せな記憶がない。

良い思い出がない。

 

 

今は、そう思っていても、隠して感じたくないだけ。

 

幸せになる価値はあります。

良い思い出も、たくさん分かち合いたいです。

 

わたしの、苦しく辛かった過去の話は、誰かの希望。

 

それは、今が、幸せだから、話せること。

 

乗り越えれたから、幸せ。

とは、また違った形の。

「価値。」

 

行動したときの、新しさの発見が、今の自分と、自分の存在価値。そして、人との繋がりに自信が持てたと思います。

 

 

臆病になることはなく

ゆっくり、丁寧に自分の中のストーリーをハッピーに。

 

 

フラワーガーデン

ハル