素直さ

images

 

最後にリラプス(再飲酒)したとき

 

「また、一からやり直そう」

とは、思いませんでした。

 

 

その前に飲んだときは

「また、一からやり直そう」と

思いました。

 

 

最後に飲んだときは

「やり直ししてるから、わたしまた飲むんだ。やり直しじゃなく、新しく生きなきゃ。」

と、やっと思い、今があります。

 

「もぅ、飲まない」

何度、宣言して、約束したかわからないぐらい。

 

アディクション真っ最中のわたしには、「約束」など守れないのは当たり前でした。

 

自分自身は、約束を守ってもらえないと、相手を責めて、相手に駄目だしばかりして、憎んで恨んでいたのにと思います。

 

「自分は、どうなの?」

と、相手を責めていながらも、心の中では、常に自問自答。

 

相手の出来ない部分を探しだして、どうしても自分の病気を隠したくなっていました。

 

 

自問自答が、聞こえなくなり、麻痺するまで。

 

そんな、自問自答が聞こえなくなるのに、お酒や薬物は、必要でした。

 

お酒や薬物は、自問自答が消え失せ、わたし自身が「駄目」なところを、見えなくしてくれました。

 

お酒を飲むこと、薬物を使うことを「正しい」と思わせ、「駄目」なところ以外にも、「大切な家族」や「人との繋がり」や「自分を大事にする」ことも、見えなくしてしまいました。

 

 

飲むことに、少しでも罪悪感が出ると

 

「元々、大切な家族や、人との繋がりなんて、目に見えないじゃん。」と、大声で心の中に、自分の声が聞こえてきました。

 

 

自問自答よりも、もっともっと悲しく強い寂しさ。

 

 

何度、やり直ししてもよいと思っていましたが、同じ結果なら、やっていることは変わらない。

 

だったら、どうしたらいいんだろう?

 

答えは簡単。

「新しい生き方をすればいい」

 

でも、とっても難しかったのは

「どうやったらいいの?」と、素直に聞くこと。

 

プライドや、恥や恐れから、なかなか行動することが出来なかったです。

 

「どうやったらいいの?」と聞いて、「そんなのもわからないの?」

と、馬鹿にされたことってあったかな?

 

馬鹿にしているのは、自分の中の自問自答の声。

 

「わからないことがあっても、いいじゃん」

「教わったらいいじゃん」

「新しい生き方ってどうやったらいいの?」

 

「生き方を変えようとしているんだもん。やったことないことをわかるわけがない。」

聞くことは、素直への第一歩でした。

 

素直さが、なかなか持てず、いつもカバーするようにお酒や薬物を使って、なんとか生きていました。

 

大丈夫なときこそ、自分に素直に。大丈夫じゃないときこそ、もっと自分にも相手にも素直に!

 

フラワーガーデン

ハル