変わり続ける

a91979efdc9419398035c564fb2a1904_s

 

変化を常にしていく私たち。

 

 

見捨てられた「ような」体験から

見捨てられた「ような」感覚に陥り

 

何かを探し、迷っていることも「わからないまま」

何かを探し、迷っていることが

ダメな「ような」気持ちになり

 

・・・わたしは、変わらなきゃダメ?

 

・・・わたしは、変わりたい?

 

・・・わたしは、変われるかな?

 

 

「わたし」に、聞こえてきた、その声は、誰の声だったのだろう。

 

お母さん?

友達?

先生?

 

 

「わたし」に、聞こえてきたのは、「わたし」の声。

 

 

わたしは、変わりたい。

 

遅かったかな。

まだ、早かったかな。

傷つけすぎたかな。

嫌われすぎたかな。

まだ使えたかな。

もっと隠せたかな。

 

変わりたいけど、もぅ一人の「わたし」の声もたくさん聞こえる。

 

 

もぅ一人の声と、会話するのは、とっても楽で、とっても慣れ親しんでいて、外に出るのは、とっても怖い。

 

乗り越えた経験がなければ

乗り越えれるとは思えなくて

 

わたしの人生は失敗ばかり・・・

と、いつも逃げてばかりでした。

 

 

成功する人は、沢山の失敗をする。

沢山の失敗を、学びに変える。

 

 

失敗すると、相手に矢が向いて

そして、自分にずーっと矢が向きます。

 

劣等感、自己否定感、自己犠牲、自己レンビン。

 

 

その中に、とどまっていても

気持ちいいわけがありません。

 

 

「ほんとうは、どうしたい?」

 

その時に聞こえてきた、声は、またわたしの声。

 

 

「うん・・・ほんとうは、変わりたい。」

 

「変わりたいんだけど、恐いんだ。」

 

 

 

・・・恐くていいじゃん。

・・・感じてもいいんだよ。

 

・・・ねぇ、誰が、わたしを見捨てたの?

 

 

自分が自分を、見捨ててない?

 

 

わたしが、変えれるのは

わたしだけ。

 

 

わたしにしか、コントロールが出来ない、わたし自身。

 

 

回復していく、自分のイメージは出来ますか?

 

 

ぼんやりなイメージでも、その中で、笑顔の自分が見えたら、それは、自分の持っている力で回復していけると言うこと。

 

 

その、周りにはもちろん、わたしたち仲間がいます!

 

 

回復のイメージの中に、わたし、仲間、家族。

 

 

そこに、幸せという笑顔。

 

 

生きててよかったと、ほんとうに気づかされ、感謝。

 

 

見捨てていたのは、自分自身。

探し、迷っていたのは、一人では出来なかった回復だから。

 

 

失敗しても、仲間がいれば、たくさんの学びに変えてくれる。

 

暖かさも、厳しさも、受け止めれる自分が、好きで

それを伝えていきたいと、変化し続けれる場所です。

 

 

フラワーガーデン

 

ハル

 

===============================================

FLOWER GARDENのfacebook へ「いいね!」をお願いします!
https://www.facebook.com/FlowerGarden.nara/

===============================================