1人のエネルギー

cfdfd55342ab516684ed6df9a60e2daf_s

今まで接してきた人の中で

「明るくて元気だな」

…と思う人がいると、ただそう思うだけでしたが、なんとなく、また会いたくなったり、会えたら嬉しかったりしていました。

 

元気のない日は、特に会えたらこちらまで元気になっていたり…。

 

エネルギーを感じ、エネルギーを与えてもらっているなど、気づきもしませんでした。

 

それだけ、私達は敏感で、相手の雰囲気や相手の気持ちを、心の深い部分で感じているのです。

 

治療共同体でも、1人のエネルギーがマイナスになると、だんだんと不安や恐れが連鎖するように、皆が不安定になりやすくなります。

 

1番下で支える先ゆく仲間が不安や恐れを抱えていると、まだ支えられている仲間たちが、もっともっと敏感に不安や恐れを察知します。

 

不安定な基盤で、ユラユラと揺られたら、不安で怖くて仕方ないよなぁ…と、支える側としても、支えがたくさん必要な側の両方の気持ちがわかります。

 

けれど、素直に

怖いよ

しっかりして

大丈夫なの?

どうしたの?

 

…と、聞けない私達。

 

怒ったり、泣いたり、黙ってしまったり。

 

それは、とても寂しいことです。

ヒンヤリとした、昔の記憶を思い出します。

 

孤独になるのかな?

1人は嫌なのに…

 

不安で、不安で悲しくなります。

 

 

新しい風とは、いつの季節も必要だと思いました。

 

共同体の新しい風って何だろう…

 

1人の仲間が、素直に声を上げること。

 

「とても不安で、とても寂しい」

それを、先ゆく仲間に伝えることは、すごい勇気がいること。

 

涙を流しながらでも、その仲間の勇気で、ヒンヤリとしたエネルギーがゆっくりゆっくりと温まり、やがて1人から2人…3人と、温かいエネルギーが輪になり…

春のようなポカポカしたエネルギーが充満していきます。

 

もう1人になることなどしなくていいし、孤独にならなくてもよいのです。

 

私達は、どんなに落ち込んでいても、不必要な仲間など1人もいません。

 

1人のエネルギーは、みんながいるから、グルッと廻って、みんなの元気になる。

 

ひとりひとりのエネルギーが必要です。

 

共同体で感じるのは、孤独じゃないこと。

 

「私って、必要?」

と、幼い頃から頭にあった疑問符が無くなりました。

 

私はここに居てよくて、そして、みんながとても必要。

 

要らない仲間などいなくて、何かしら気づき、与え与えられる存在なのです。

 

 

勇気は新しいエネルギーを吹き込みます。

 

それが何度あっても、繰り返される中で、勇気の大きさが倍になっていくのが目に見えてわかります。

 

 

依存物質、依存行為を長くやめ続けていくと、皆と生活していることに感謝を忘れがちになります。

 

当たり前に一緒にいる私達ではないはずです。

 

依存症という「希望の欠落」の病になった時から、今は「希望を持つ」仲間として一緒にいる。

 

限られた時間であること…

けれど、ずっとずっと繋がり続けている、家族のような存在。

 

「もっと、鈍感になりたかった」

と、思うこともありましたが、感受性が豊かなんだと思えば、不安、恐れは早目に対処。

 

それって、私達、依存症の回復と成長なんだなと思います。

 

 

フラワーガーデン

ハル

 

===================================================

FLOWER GARDENのfacebook へ「いいね!」をお願いします!

https://www.facebook.com/FlowerGarden.nara/

===================================================

【2017年1月14日(土) フラワーガーデン設立2周年記念フォーラムin東京】

~私をいきる それぞれ、色とりどり~

http://www.f-garden-ag.org/second_anniversary_tokyo/

<前半では>安倍 昭恵総理大臣夫人講演会

※スケジュールの都合で、変更になる場合があります。

<後半では>映画『ハンティンググラウンド』上映会

興味がある方はご予約を!