わたしは、わたし

912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_m

 

苦手なタイプがいたりすると、その関わりは自分自身の人生を邪魔する人であって、私自身、そういう人を切ってきました。

 

その人と関わりをやめて、子供のときによくやった「絶交」と言うものを心に決めて、いつのまにか消滅するような素振りをし、避けていました。

 

だから嫌いと思えば、離れ関係を絶ち、自分にとって都合よく動いてくれ、思い通りにいく相手とだけ付き合ってきたように思います。

 

けど、それを嫌いと思うことが、いつかダメなような気がして、苦手な人がいる自分を責めました。

 

それは、私自身が、人から嫌われたくないという恐さでした。

 

だから、嫌われないように気を使い、誰かの言葉や、いつしか誰かの表情で一喜一憂し、ハラハラドキドキの毎日。

 

その人が笑えば、私は穏やかで

その人が泣けば、なんとかしてあげなくちゃで

 

その人が怒れば、全部私のせい。。。

 

 

おはようの声が、そっけなかったらソワソワしてなにも手につかない

 

おはようの声が、明るかったら自分自身は落ち着く。

 

 

誰のための人生だろう。。。

 

 

私は、私として生きていなくて

私の頭のなかには、いつも他の誰かがいて

私の感情は、他の誰かに左右されて。

 

私が私自身のことを何も知りませんでした。

 

 

他の人のことは、いっぱい知っているようでも、それは私の妄想でした。

 

 

苦手な人との関わりは切っていたけれど、本当に苦手かな?

本当に?

 

 

関わり方を知らないだけで、嫌いというレッテルをはり、でも、気になって仕方ないのは、やっぱり、私は人と繋がっていたいんじゃないかな?

 

自分の感じたことは、自分のもの。

誰かの怒りや、恨みまで背負うことはしなくてよくて、私は私。

 

 

あの人が、泣いていたら

どうしたの?

と、声をかけ

怒っていたら

いま、とても苦しいんだろうなと、少しタイミングを待ち

笑っていたら

いいことあったのかな?

と、喜びを分かち合う。

 

 

そんなふうにしていったら

私が感じること、私が思うこと

私が見て、私が触って、私の感覚を大切にできるようになっていきました。

 

 

相手と、自分がごちゃ混ぜになっていた頃は、何が自分に制限をかけているのかがわからず、自分は誰なんだろうとさまよっている感じでした。

 

 

そこから勇気をだして、自分と相手をわける

自分を伝えることをし始めたら、初めて、私が私として、等身大で生きれるようになりました。

 

自分を伝えること=心をオープンにする。

 

 

こんなこと言ったら、傷つけるかな?

どんな言い回しなら、上手く逃げれるかな?

 

 

それは、相手に合わせた考え。

 

 

私を知ることが、人とのコミュニケーションの第一歩でした。

 

 

私を感じると、とても

いま、ここ!の時間に繋がるように思います。

 

 

私の朝の感情、仲間の中にいるときの感情、食事しているときの感情、家に帰ったときの感情。

そして、常に「いま。」

 

 

それだけで、私が私自身を確認し、人とのコミュニケーションの中にエネルギーと温かさを感じられるようになりました。

 

いま、瞬間、一瞬。。。

 

目の前の全ては、自分自身が素直に感じ、私の気持ちとして大切に扱いたいです。

 

 

フラワーガーデン

ハル

 

===================================================

FLOWER GARDENのfacebook へ「いいね!」をお願いします!

https://www.facebook.com/FlowerGarden.nara/

===================================================

 

【2017年1月14日(土) フラワーガーデン設立2周年記念フォーラムin東京】

~私をいきる それぞれ、色とりどり~

 

http://www.f-garden-ag.org/second_anniversary_tokyo/

 

<前半では>安倍 昭恵総理大臣夫人講演会

※スケジュールの都合で、変更になる場合があります。