「同じ星」

b6b85a3281f5512d95f18c07ec0f6e52_t

わたしの世界と、まわりの世界

見る世界が違っているのは、全然ありうる

 

受け入れられないもどかしさ

受け入れられない寂しさ

 

なんでか違う星の人のように感じて

 

結局、分かり合えないのかな・・・と、後ろ向きに言葉を飲み込み

 

通じない言語化で表現と自分を責めて

もっと孤独の狭い視野にシャッターを降ろして

 

「諦めてここにいる」自分を選択して

結果・・・・恨むことをし続けた

 

ただ、パニックになって

もがいてあがいているけど

「何もないようなふり」を装っていたから

苦しかった・・・

 

同じ時間に過ごせることは

当たり前じゃないから

 

同じ今ここで一緒に居れることは

当たり前じゃないから

 

いつも

夜は「ありがとう」と言って

眠れる自分でいたいから

 

いつも

いつも

忘れがちが

「ありがとう」をちゃんと言える自分

 

フラワーガーデン 春

 

 

「move」

633cb078d9d1ce99187edc46f841870b_t

 

見ようともしない世界があった

恐くて見れない

 

恐いのは過去の記憶から始まって

ずっと足枷(あしかせ)みたになって

頭の中はこんがらがって

だから余計に考えることも止めていた

 

見なくてもいいものを見て

嫌気がさして

気分も悪くなって

生きていくことに希望も持たないで

でも、新しい世界を見る恐さよりはずっと居心地に慣れていた

 

変わることも

動かず、不動心でいる時期も

成長を促すことも

自分にチャレンジを与えることも

 

日々、同じように出来なくても

揺るがないのは自分自身

 

軸や芯を積み立てた

 

今からスタート

今日だけでスタート

 

幸せと

チャレンジは向かってきているのに

受け取り拒否

居留守はもう利用しない

 

一人一人に決められた

計画された

 

自分が思い描いてもいなかった幸せとチャレンジ

嫌でも行動したとき

恐くても逃げたくても不動で乗り越えれたとき

 

さらに

より・・・・新しく

 

 

フラワーガーデン 春

 

「パーセンテージ」

d1d473a32f2487080623fea79ee40046_t

 

無いものばかりを見た1年だったか・・・・

出来ないことばかりを見た1年だったか・・・

 

もし、無いものになっていても

人生の全体図を見たら

 

意味もある

 

1年後に自分のパーセンテージをあげる

1日1パーセントの可能性

 

気付いたら366パーセントの自分

 

1日1個

1日1分

1日1時間

1日1回

1日1ページ・・・

 

何でもいい

 

ハピネスを作っていく

 

1日1個のご褒美

1日1分の深呼吸

1日1時間の運動

1日1回のお掃除

1日1ページの読書

 

 

何でもいい

 

自分のための

 

 

 

自分で組み立てて

自分で描いて

自分で選んで

自分で創って

 

失敗しても

何度でもリメイク

そしてアレンジ

 

フラワーガーデン 春

 

 

「人生の旅路」

christmas36

考えるととても壮大

 

いつも歩く道路

信号機もたくさんある世の中

 

赤は止まれ

黄色は注意

青は進んでも良い

 

 

心の信号機は

いつも赤

 

止まれ…止まれ…止まれ

 

たまに

注意

 

いつになったら

渡れるのだろう

 

「進んでも良い」

青はそう言っているのに

 

後ろから

何人もなん人も

その信号機を渡っていく

 

取り残されて

一人になる

 

きっと、その時は

そんな時

 

幸せになる前に

まず進む事が怖いわたしを拒否しない

 

悲しみ

苦しみ

寂しさ

 

押さえ付けず

 

表れるのが怒りなら

 

それは強み

 

どんな人生でも

そんな瞬間はある

 

どれぐらいの期間感じるのかが

不安で煩わしくて嫌なだけ

 

でもずっとそうじゃない

 

わたしの人生のエネルギーの源

 

悲しい

苦しみ

寂しさ

 

今ここで感じる

「一人ではない、わたしだけの世界」

 

心の信号機は

常に青ではないけれども

 

「行きたい」気持ちはある

 

…時には

注意するのも

止まるのも必要

 

後退するわけではない

大きな気づき

 

 

当たり前に歩く自分の人生

当たり前ではない事

 

もう

どう歩きたいか

どう走りたいか

 

ベストか

完全にか

 

休憩するか

何が出来るか

 

何をしたらいいか

何を足したらいいか

 

ポジティブに

コントロール出来る

 

 

わたしの人生の

全体図を

 

フラワーガーデン 春

「COOI」

publicdomainq-0015831kou

 

誰かが言ったことば

「大人になりたくない」

かっこいいなと思っていた逃げのことば

 

身体は大人で

でも「自分と違う意見」を怖がって

 

馬鹿にされたと受け取って

周りを恨んで・・・「子供扱いして」と。

なんて自分勝手

 

自分にそう言っていい人

暴言を吐いてもいい相手

わがままを言ってもいい人

当たり散らしてもいい相手

 

ひっくるめて「大人になりたくない」で

人生の責任放棄

 

でも逃げられない

 

ここで逃げても

どこに行っても

「同じパターン」はやってくる

 

どんなに違う場所でも

遠く離れても

 

乗り越えない限り

同じものは与えられる

 

与えられたときに

「無理」と思う前に

同じことの繰り返しじゃないかを

 

立ち止まって考えてみよう

今のままでいいのかな?

なにを保持しようとしているのかな?

苦しくないのかな?

変わってないよね?自分

 

大人にも子供にもならなくていい

 

かっこいい自分

素敵な生き様

 

フラワーガーデン 春

 

 

 

 

「ようこそ」

ll

 

わたしとあなただけの関係

 

家族

友達

恋人

仲間

 

対、個人

 

その世界は

実はわたし側の世界と価値観だけで成り立っていて

 

とても狭くて

苦しくなって

 

ずっと固まったまま

 

それが

対、人でなくても

 

対、世界

対、社会

 

そうなっても

わたしが生きているのは

わたしの価値観だけ

 

 

その真ん中に目を向けることは

気づくこと…

 

人と、わたしの中にあるものではなく

 

人と、わたしがどんな関係でいたいのか

 

どんな関係になっていくのか

 

その視野を、広げたら

 

対、人

対、世界

 

だけではなく

その真ん中

 

瞬間に気づく

 

 

例えそれが

 

わたし対過去であっても

 

その関係には

色んなストーリー

 

そのストーリーを見ているのは自分の世界

 

その価値観で生きているのは

自分の今

 

変えられるものに

まず「気づく」

 

ようこそ…

どんな感覚でも

どんな感情でも

 

どんな匂いでも

どんな音でも

 

まずは

気づいて…

Welcome

 

 

フラワーガーデン 春

「そのまま」

912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_m

 

急にお願いすることも

頼ることも

恐くなってすくんでしまうときがある

 

今まで出来ていたことすら

「なんか違うな」と首をかしげて

不安になって

 

「今まで出来ていたのに」とだんだん悔しくなって

「もう出来ないのかな」と怖くなって

 

「今更な・・・」と諦めたくなってしまう

 

気付けば

やり方は一緒で

「ありのまま」を伝えるだけ

 

毎日成長しているから

落ち込んだときに

「もうそのやり方じゃない」と一瞬曇ってしまいがち

 

前回よりも

大きい波に感じるのは

出来事が大きいのではなく

 

自分がもっと大きく変化しているから

 

変化していてもやることは一緒

 

その変化を怖いなと思うぶん

倍の勇気が必要

 

けど守られてる環境は昔よりも大きくなっているはず

 

一人から二人

家族から友人

学校から職場

社会から世界

 

川から海になるみたいに

木がたくさん枝葉を張っていくように

 

大きく成長

魂が成長するときは

 

疲れたり

嫌になったり

敏感になったり

恐くなったりするけど

 

きっと前の考えでは追い付かないぐらいに

自分の魂のレベルは色んな変容をしようとしてる

 

良いことでしか

きっとないのだろうけど

 

次の未知の世界まで

何かを持ち上げるとき

たくさん走らないといけないとき

 

きっと今は

助走の期間

 

 

フラワーガーデン 春

「feel」

IMGP0190-1920x1440

 

自分自身の感情を感じて生きていくことが

きっと人生の「ミッション」

 

とても険しく感じて

怖すぎて

わからない振りをしたり

大丈夫な振りをしたり

気付かない振りをしたり

 

自分をずるく騙し続けたら

何の為に何を目標として生きているのかもわからない

 

プライドや恥ずかしい気持ちが邪魔をして

装ってしまったりするけれど

 

感じることは

一人でやらなくてもいいこと

 

悲しさを話したら、少し楽になるし

苦しさを話したら、前を少し向けるようになるし

寂しさを話したら、安心出来るし

 

逆に

嬉しさを話したら、話した分だけ幸せになっていくし

感謝を話したら、自分が好きになる

 

自分のことに向き合うことの次からが

周りにいる大切な人たちへの思いやりに繋がっていく

 

感じて、自分の道を生きていく「ミッション」

 

フラワーガーデン 春

「神様の配置」

プレジャープログラム2_191106_0963

 

どうやって配置されたのか

不思議な出会い

 

それがたとえ

今の自分と相当していない感じの出会いでも

 

きっと何か意味があって

そうなって出会っていること

 

「こんなの嫌だな」と思っても

 

「神様が配置した」と感じたら

その先に待っているのは

幸せとか

楽しさとか

充実

 

被害的になったら

苦しい部分だけを見て

「どうせ、ダメなんだろう」と諦めで進んで

きっと・・・絶対に感謝なんて出来ないんだろう

 

配置したのは神様

どうやって進めていくかは自分次第

 

右に行くのも

左に行くのも

西でも東でも

 

奥でも先でも

過去でも未来でも

 

幸せでも

不幸でも

 

進むのは自分

きっと楽しんで見守ってくれているだろう

 

配置する力はわたしたちにはない

だって結局決めるのは自分

 

どんな人に出会って、自分をどの場所に位置するかも自分次第

 

最初のスタートは決めてもらっている

みんな一緒

 

神様の想いは

支配とか罰じゃなくて

 

今、必要だから

配置しただけ

 

 

フラワーガーデン 春

 

 

「行進」

waka_15_1

感覚はある

 

痛かったとか

苦しかったとか

 

でも感じなかった

 

寂しいとか

悲しいとか

 

痛みで恨むし

苦しくて憎む

 

でも

寂しいとか

悲しいは感じなかった

 

 

嫌な感情も

怒りとか憎しみという簡単に表に出せるもので表現して

恨みとして過去に残した

 

それが今でも

不安だったり、恐れだったりで

簡単に顔を出す

 

まるで「現在」のもののように

 

過去なのに「今」

目の前の全部

 

不安も怖さも

悲しさも寂しさも全部受け止める何かがなくて

受け止めてもらえる何もなく

 

「今」を変えていく

 

変化は怖いけど

 

そこにある不安や悲しさは

過去のものと気づけたら

そこがやっと「分岐点」

 

あの人が悪い

あの場所が悪い

 

その方法をずっとやってきたから

変わらなかった

 

 

言葉にして

過去であることを認めてから

 

新しい生き方と

新しい人生と

人を愛していく

 

フラワーガーデン 春